スポーツ+ギャンブル!ブックメーカーって知ってる?

スポーツの試合を予想して当たれば高額賞金のチャンスがあるスポーツくじ、日本では競馬や競輪、競艇のみ許されてきましたが、サッカーのトトが始まったことにより、より身近なものになりつつあります。それでもスポーツギャンブルでは日本は後進国です。英国をはじめとするヨーロッパではスポーツギャンブルはブックメーカーと呼ばれ、大衆の娯楽と認知されています。

この賭けの対象になるのは、ほとんどあらゆるスポーツです。サッカーや野球、バスケットボールはもちろんのこと、マイナースポーツであってもブッキングの対象となります。最近はテレビゲームで競い合うEスポーツがブームですが、ブックメーカーはいち早くその勝敗を対象にしました。

ギャンブルの方法も様々で、勝敗を予想するのはポピュラーなものですが、その他にもスコアを予想するものや、シーズンの優勝チームを予想するもの、有名選手が得点するかどうかを対象にするものなど、賭けの対象に幅や種類があります。勝敗を予想するとオッズが表示され、そのオッズと賭け金をもとに賞金が決定されます。

ちなみに日本では公的に認められるものでしかギャンブルはできません。従来通り競馬やトト以外は禁止されています。近年、カジノ法案が通ったため、もしかしたらカジノの施設内ではスポーツを対象にしたギャンブルが禁止でなくなることもあるかもしれませんが、それはまだ先のことです。

では日本にいたらブックメーカーに参加することはできないのでしょうか。ブックメーカーは海外の企業が運営しており、サーバーも海外にあるため、その国で許可されていればギャンブルの胴元になることは問題ありません。それではユーザーとして日本から参加することはどうでしょうか。これには様々な解釈があって断言することはできません。難しい議論になるため詳細は避けますが、海外のサーバーでギャンブルをしていたユーザーが不起訴処分になったケースもあります。正直に言うとすればグレーということになり、あくまでも自己責任と考えるのがよいでしょう。

ただ、実際にギャンブルをしなくてもオンラインサイトに登録するだけでもメリットはあります。そのひとつがスポーツ中継です。英国の大手サイトになると会員登録をして入金が確認されると特典として様々なスポーツの生中継が楽しめます。スポーツ専門配信サービスのように高画質でタイムラグもほとんどない中継があり、日本ではなかなか中継されないスポーツも楽しめるため、会員登録だけでもするメリットは十分にあります。